相対性理論について少しかじってみました。

相対性理論について、簡単に書かれた本を読んで感動しました。光の速さ(約秒速30万KM)を絶対的な値として考えることにより成立する理論です。
相対性理論は特殊相対性理論と一般相対性理論の2つに分けられます。前者は、それぞれの慣性系(それぞれが違う乗り物に乗っているイメージ)の話で、後者は、加速度系の話をしています。
特殊相対性理論について説明します。等速直線運動をしている2つの物体がお互い近づいてくるときに、速度の和で表すことができ、例えば、右から60km/hの車が、左からも60km/hの車が近づいてくると和の速度は、120km/hになるはずです。しかし、それでは、相対性理論が成り立たず、右と左がそれぞれ光だった場合を考えると約60万km/sになるはずなのですが、光は絶対的なので約30万km/のままなのです。それは、アインシュタインが考えた速度合成の式で計算すると成り立つことになります。速度が光の速度に近づけば近づくほど、その物体が縮み、質量が大きくなり、その物体そのものの流れる時間が速くなり、その物体に乗ると、違う物体から見ると流れている時間が異なるのです。また、アインシュタインが考えた「E=mc^2」の意味についても書かれていました。これは、エネルギー(E)は質量(m)は光速(c^2)に比例していることを表しているのですが、光の速度のことを考えなければ、「エネルギー」と「質量」は同質だということが出来ます。言い換えれば、質量のある物体はすべて、エネルギーに変換できることを意味しています。このことによって、原爆や原発がどのような構造になっているのかわかります。素粒子を加速器で光の速さに近づけて、ウラン原子にぶつければ、核分裂を起こし、ウラン原子の質量分の、多大なエネルギーを抽出できることが書かれていました。まだ、物体(m)を全エネルギー(E)に変換する元素はウランとプロトニウムくらいしか判明していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です